カレンダー
2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

住宅街に多い

配管のライニング方法で古くなった排水管を治しませんか?目に見えない排水管は結構痛んでいる事が多いんです、ぜひこちらを検討してみてください。

老朽したマンション等などの住宅街などのトラブルにつきものなのが給水管のトラブルです。このようなマンションや住宅街で使用されている配管材には沢山の種類がありますし、環境によって使い分けも様々なのですが、これらの配管の老朽化は避けることはできません。そのため、給水管や排水管によるトラブルも多くなってくるのです。なかでも、炭素鋼管(SGP)などは特に腐食等による老朽化が見受けられます。

配管が腐食しておこる排水管のトラブルの種類にはもちろん水漏れもあります。水漏れ以外でしたら、赤水の発生、水の出が悪い、排水が悪い、そして水が流れ悪くなたことにおきる水漏れなどがあります。
これら、配管からなる排水管のトラブルには配管工事が必要になる場合があり、大掛かりな故事になることあります。
ただでさえ、水のトラブルの修理には費用がかかるのに・・・配管工事となればマンション全体にもなりかねません。

ですが、もしも配管などの老朽化が比較的に軽土ならば改修作業で済む可能性があります。その方法とはパイプライニングと呼ばれるものです。
パイプライニングとは別名、管更生とも呼ばれています。
ライニングとは金属の腐食を防ぐように施すコーティングの事です。つまり、この方法とはもともとある管の中に、ライニングによる新たな管を作り出す方法です。
この方法を使用すれば工事も比較的に軽度なものとなり、水漏れなどの被害も防ぐことが可能です。